REACT

JSX

投稿日:

JSX はJavaScript の拡張版

import React from 'react';
import ReactDOM from 'react-dom';

const greeting = <h1>Hi!</h1>;

ReactDOM.render(
  greeting,
  document.getElementById('root')
);

変数に対して、いきなりタグをセットするような書き方になっていますが、これが JSX です。

次のように複数個の要素を作成することもできます。

const greeting =
  <div>
    <h1>Hi!</h1>
    <h2>Bye!</h2>
  </div>;

ただし、ここで全体を div で囲っているように、全体を包む要素は必要です。

はじめは奇妙な書き方に見えますが、{} で式を評価したり、

プロパティをセットする等できて大変便利です。

たくさんの React.createElement をタイピングするのにうんざりした場合、

一般的なパターンの 1 つは以下のショートハンドを割り当てることです。

const e = React.createElement;

ReactDOM.render(
  e('h1', null, 'Hi!'),
  document.getElementById('root')
);

このショートハンドを React.createElement に使用すれば、
JSX なしで React を使うのにとても便利です。

React とは?

React はユーザインターフェイスを構築するための、
宣言型で効率的で柔軟な JavaScript ライブラリです。

複雑な UI を、「コンポーネント」と呼ばれる
小さく独立した部品から組み立てることができます。

React にはいくつか異なる種類のコンポーネントがあるのですが、

ここでは React.Component のサブクラスから始めましょう:

class ShoppingList extends React.Component {
  render() {
    return (
      <div className="shopping-list">
        <h1>Shopping List for {this.props.name}</h1>
        <ul>
          <li>Instagram</li>
          <li>WhatsApp</li>
          <li>Oculus</li>
        </ul>
      </div>
    );
  }
}

// Example usage:
この妙な XML のようなタグについてはすぐ後で説明します。
コンポーネントは、React に何を描画したいかを伝えます。

データが変更されると、React はコンポーネントを
効率よく更新して再レンダーします。

ここで ShoppingList は React コンポーネントクラス、
もしくは React コンポーネント型です。

コンポーネントは props(“properties” の略)と呼ばれるパラメータを受け取り、
render メソッドを通じて、表示するビューの階層構造を返します。

render メソッドが返すのはあなたが画面上に表示したいものの説明書きです。
React はその説明書きを受け取って画面に描画します。

具体的には、render は、描画すべきものの軽量な記述形式である React 要素というものを返します。

たいていの React 開発者は、これらの構造を簡単に記述できる “JSX” と呼ばれる構文を使用しています。

という構文は、
ビルド時に React.createElement('div') に変換されます。
上記の例は以下のコードと同等です:

return React.createElement('div', {className: 'shopping-list'},
React.createElement('h1', /* ... h1 children ... */),
React.createElement('ul', /* ... ul children ... */)
);

ビットコインってなに?

2008年11月、metzdowd.comにナカモトサトシにより投稿された論文Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash Systemで定義された仕様とをもとにビットコイン・コミュニティーで開発が続けられる製造と取引に暗号学を使った通貨のことです。

ビットコイン自体は、フリー・ソフトウエアで、ソフトウェア開発のプラットフォームGitHubに登録すれば、ソースやドキュメント閲覧が可能で、開発に参加も可能です。

ナカモトサトシは、2010年12月まで開発に携わっていましたが、その後姿を消しました。日本名ですが、国籍も含め匿名性が高く身元も不明です。

真偽のほどは、不明ですがSBI社長の北尾氏が、2018年3月期第2四半期 SBIホールディングス(株)決算説明会動画の1:29:20頃)でナカモトサトシと議論を交わしたと発言して話題になりました。

ビットコインの仕組み

ビットコインは、P2P型の公開型分散台帳技術(DLT)によって信頼性を担保され運用されるブロックチェーンで結合された暗号通貨(cryptocurrency)のことです。

ビットコインは、P2Pネットワーク上のサーバー上で同一取引情報を持ちコントロールすることで取引の妥当性のチェックが行われるため、銀行など、特定の管理者がいない非中央集権型の仮想通貨と呼ばれています。

ブロックチェーン


GitHub

ブロックチェーンの動き

マイニング

ビットコインは送信アドレス(Tx)に対するデジタル署名によって保護されており、一定時間(10分)ごとに、すべての取引記録を分散台帳に追加します。

その追加処理には、ネットワーク上の分散取引台帳データと、10分間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが必要です。

整合性を取る作業は、膨大な計算量が必要となるため専用のハードウエアの計算能力を使って、誰でもが取引を処理することができます。

この手伝いをしてくれた人(膨大な計算処理を行った人)の中で、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。

この作業をマイニングと呼びます。

マイニングには、ソロマイニングとプールマイニングがあり、個人のPCでも余った演算能力でプールマイニングに参加できます。

ブロックチェーンをより深く理解する

全画面にして字幕設定を自動翻訳 イタリア語=>自動翻訳を経由して日本語に設定するとよくわかります。

上記デモは、下記リンク先サイトを使用しているので、自分でも試すことができます。

 

ジェネシス・マイニングでのハッシュパワー購入

ジェネシス・マイニングは世界最大の高く信頼されたビットコイン クラウド マイニングのプロバイダーです。ハッシュパワー購入時に,コード(kjx2uz)を使用した人は、購入時に3%の割引になります。

ブロックチェーンエクスプローラー

ブロックチェーンアドレスを入力することで、送金状況(confirmation回数の確認)が行えます。

イーサリウムの仕組み

【広告】

-REACT

Copyright© 仮想通貨アンテナ , 2021 All Rights Reserved.