仮想通貨アンテナ

仮想通貨 ブロックチェーン情報

xrp

xrp legerについて

投稿日:

xrp leger

odl

XRP Ledgerはどのような仕組みですか?

XRP Ledgerは、誰でも構築が可能なオープンソース技術です。ソフトウェアエンジニア、サーバーオペレーター、バリデータなど多様な参加者で構成されるグローバルな「XRPコミュニティ」が、XRP Ledgerを管理しています。

XRP Ledgerはコンセンサスプロトコルを使用します。このプロトコルでは、バリデータが3秒から5秒ごとにXRP取引のオーダーについて合意に至ります。この合意が、最終的な取り消し不可の決済として機能します。

取引は、決定論的な順序で実行されるため、二重支払や不正行為を防ぐことができます。他のブロックチェーンとは異なり、取引手数料は取引実行の一環として消却されます。XRP Ledgerは、取引スループットを最大化しながら取引手数料をできるだけ低く抑えるという2つの目標の下、手数料をほぼリアルタイムで調整して、ネットワークの状況に対応します。

ネットワーク内のすべてのサーバーが、同じルールに従って各取引を処理します。このプロトコルに従っている取引はすべて、バリデータが定数に達した時点ですぐに確認されます。

出典 XRPL.org (日本語)
https://xrpl.org/ja/

https://xrpl.org/ja/contribute-code.html

ビットコインってなに?

2008年11月、metzdowd.comにナカモトサトシにより投稿された論文Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash Systemで定義された仕様とをもとにビットコイン・コミュニティーで開発が続けられる製造と取引に暗号学を使った通貨のことです。

ビットコイン自体は、フリー・ソフトウエアで、ソフトウェア開発のプラットフォームGitHubに登録すれば、ソースやドキュメント閲覧が可能で、開発に参加も可能です。

ナカモトサトシは、2010年12月まで開発に携わっていましたが、その後姿を消しました。日本名ですが、国籍も含め匿名性が高く身元も不明です。

真偽のほどは、不明ですがSBI社長の北尾氏が、2018年3月期第2四半期 SBIホールディングス(株)決算説明会動画の1:29:20頃)でナカモトサトシと議論を交わしたと発言して話題になりました。

ビットコインの仕組み

ビットコインは、P2P型の公開型分散台帳技術(DLT)によって信頼性を担保され運用されるブロックチェーンで結合された暗号通貨(cryptocurrency)のことです。

ビットコインは、P2Pネットワーク上のサーバー上で同一取引情報を持ちコントロールすることで取引の妥当性のチェックが行われるため、銀行など、特定の管理者がいない非中央集権型の仮想通貨と呼ばれています。

ブロックチェーン


GitHub

ブロックチェーンの動き

マイニング

ビットコインは送信アドレス(Tx)に対するデジタル署名によって保護されており、一定時間(10分)ごとに、すべての取引記録を分散台帳に追加します。

その追加処理には、ネットワーク上の分散取引台帳データと、10分間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが必要です。

整合性を取る作業は、膨大な計算量が必要となるため専用のハードウエアの計算能力を使って、誰でもが取引を処理することができます。

この手伝いをしてくれた人(膨大な計算処理を行った人)の中で、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。

この作業をマイニングと呼びます。

マイニングには、ソロマイニングとプールマイニングがあり、個人のPCでも余った演算能力でプールマイニングに参加できます。

ブロックチェーンをより深く理解する

全画面にして字幕設定を自動翻訳 イタリア語=>自動翻訳を経由して日本語に設定するとよくわかります。

上記デモは、下記リンク先サイトを使用しているので、自分でも試すことができます。

 

ジェネシス・マイニングでのハッシュパワー購入

ジェネシス・マイニングは世界最大の高く信頼されたビットコイン クラウド マイニングのプロバイダーです。ハッシュパワー購入時に,コード(kjx2uz)を使用した人は、購入時に3%の割引になります。

ブロックチェーンエクスプローラー

ブロックチェーンアドレスを入力することで、送金状況(confirmation回数の確認)が行えます。

-xrp

Copyright© 仮想通貨アンテナ , 2021 All Rights Reserved.